深夜営業のお店をやるときは 深夜酒類提供飲食店営業届出 の手続きを!

 

風俗営業法(風営法)は、お酒を出すお店の 「深夜営業」 について規制を設けています。

 

 

風営法では、深夜にお酒を出すお店のことを 「深夜酒類提供飲食店」(しんや・しゅるい・ていきょう・いんしょくてん) と言います。
たとえば、深夜営業のバーショットバースナックなどが この 深夜酒類提供飲食店 にあたります。
そして 深夜営業を行うには、風営法で定められた届出の手続きを行わなければなりません。

 

 

深夜営業を行う際には、図面等を含む 「届出書一式」 を公安委員会・警察に提出し、所定の手続きを行うべきことが、法律上義務づけられています。

 

 

深夜酒類提供飲食店営業届出の手続きをしていない場合、原則として、午前0時以降の営業はできません。
深夜酒類提供飲食店営業届出の手続きをすれば、午前0時以降の時間帯もお店の営業を行うことができるようになります。
もし手続きをせずに深夜営業を行うと違法営業となり、摘発逮捕の対象となるので 注意が必要です。

 

 

深夜営業をする際には 「深夜酒類提供飲食店営業届出」 の手続きをしておくことが必須です。

− 熊本市、深夜酒類提供飲食店営業届出

風俗営業許可|熊本市 中央区東区西区北区南区

手続代行のご依頼・ご相談は

 

深夜酒類提供飲食店営業届出の手続代行なら、
法務堂事務所(ほうむどう) へどうぞ。

 

法務堂事務所は、熊本市中央区の行政書士事務所です。
ご依頼・ご相談は お気軽にどうぞ!

詳しくはこちら

深夜酒類提供飲食店営業届出|熊本市 中央区東区西区北区南区